文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大

色合い

  • 標準
  • 青背景に黄色
  • 黄色背景に黒
  • 黒背景に黄色
  • 資料を探す・予約する

HOME > 一宮市立中央図書館主催「2016秋 ビブリオバトル」を開催しました。

更新日:平成28年11月11日

一宮市立中央図書館主催「2016秋 ビブリオバトル」を開催しました。

10月30日(日)に一宮市立中央図書館主催の「2016秋 ビブリオバトル」を開催しました。ビブリオバトルとは、何人かの発表者(バトラー)が観戦者(オーディエンス)の前でおすすめ本を5分間で発表しあい、どの本が一番読みたくなったかをオーディエンスが投票で選んでチャンプ本を決めるという「知的書評合戦」です。ビブリオバトルについて、詳しくはビブリオバトル公式サイトをご覧ください。
今回は、バトラーもオーディエンスも小中学生というビブリオバトルでした。多数の応募があり、抽選で選ばれた5名の小学生の皆さんをバトラーとして迎え、今回のテーマである「秋といえば○○!」をオーディエンスに向け熱心に紹介していただきました。
なんと今回はチャンプ本の得票数が同点となり、どちらもチャンプ本として表彰することになりました。
チャンプ本に選ばれたのは、木村奈由さんのおすすめする「ドリトル先生のガブガブの本」と、杉山さくらさんのおすすめする「勝つ人 13人のアスリートたち」でした!おめでとうございます!


バトラーのみなさんが紹介してくれた本です。2番の木村さんの「ドリトル先生のガブガブの本」(「秋といえば食欲!」)と、4番の「勝つ人 13人のアスリートたち」(「秋といえばスポーツ!」)が選ばれました。

木村さんも杉山さんもともに小学5年生ですが、大人も顔負けなほど堂々と発表をされました。
木村さんは「ドリトル先生」をとても読み込んでいる様子で、オーディエンスにとてもわかりやすく話の内容を説明されると共に「この本のここが好き!」ということもちゃんと伝わってくる発表で、非常に洗練されたすばらしい内容でした。
杉山さんは、そもそも小学生ながら武井壮さんの「勝つ人」を選んだという選書眼がすばらしかったです。本屋さんで見かけて読んでみたとのことですが、小学生をも魅了する武井壮さんの本ということで読書欲をそそられるような発表をされました。

・11月3日 発表本リスト(発表順)
 「パンパカパーンふっくらパン」 野中 柊/理論社
 「ドリトル先生のガブガブの本」 ヒュー・ロフティング/KADOKAWA
 「ルルとララのカスタードプリン」 あんびるやすこ/岩崎出版
 「勝つ人 13人のアスリートたち」 武井 壮/文藝春秋
 「ハロウィン・ナイト ウィッチ・ドールなんか大キライ」 相川 真/集英社

発表の様子

当日参加の観戦者も加わり、会場は多くの方でにぎわいました。
特に「食欲の秋」をテーマにした発表も多かったので、「本に載っていたレシピを作って食べましたか?」などユニークな質問もたくさん出てきました。

意見交流会の様子

ビブリオバトルが終了した後は、意見交流会を開催しました。
発表中に時間切れとなってしまいできなかった質問や、今回のビブリオバトルへ出場するための準備を頑張ったことなどを共有し、楽しい時間となりました。
多くの皆さんにご参加いただき、本当にありがとうございました。

PAGE TOP