文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大

色合い

  • 標準
  • 青背景に黄色
  • 黄色背景に黒
  • 黒背景に黄色
  • 資料を探す・予約する

HOME > 一宮市立中央図書館主催「2019春 ビブリオバトル」を開催しました。

更新日:令和元年6月28日

一宮市立中央図書館主催「2019春 ビブリオバトル」を開催しました。

5月25日(土)に一宮市立中央図書館主催の「2019春 ビブリオバトル」を開催しました。ビブリオバトルとは、何人かの発表者(バトラー)が観戦者(オーディエンス)の前でおすすめ本を5分間で発表しあい、どの本が一番読みたくなったかをオーディエンスが投票で選んでチャンプ本を決めるという「知的書評合戦」です。ビブリオバトルについて、詳しくはビブリオバトル公式サイトをご覧ください。
今回は5名の一般の皆さんをバトラーとして迎え、「ミステリー」をテーマに、オーディエンスに向け熱心に紹介していただきました。
チャンプ本に選ばれたのは、宮嵜章宏さんのおすすめする「ピカソになりきった男」でした!
昨年度に続き2度目のチャンプです!おめでとうございます!

優勝した宮嵜さん


バトラーの皆さんの集合写真
左から 筧さん 石橋さん 鵜飼さん 宮嵜さん 林さん

・5月25日 発表本リスト(発表順)
 「流」 東山彰良/講談社
 「石つぶて」 清武英利/講談社
 「卒業」 東野圭吾/講談社
 「ピカソになりきった男」 リブ・ギィ/キノブックス
 「茶色の服を着た男」 アガサ・クリスティ/角川書店

発表の様子

当日参加の観戦者も加わり、会場は多くの方でにぎわいました。
観戦者からは多く質問が寄せられ、発表者が発表した本との出会いなども聞くことができました。

ビブリオバトルが終了した後は、意見交流会を開催しました。こちらにも、発表者の方を含め多くの方にご参加いただきました。
発表中に時間切れとなってしまいできなかった質問や、ビブリオバトルに参加した感想等を聞くことができ、楽しい時間となりました。
多くの皆さんにご参加いただき、本当にありがとうございました。

PAGE TOP