文字サイズ

  • 標準
  • 大
  • 特大

色合い

  • 標準
  • 青背景に黄色
  • 黄色背景に黒
  • 黒背景に黄色
  • 資料を探す・予約する

HOME > 子ども司書講座 > 第6回(平成29年12月26日)

更新日:平成30年2月27日

第6回(平成29年12月26日)

12月26日(火)に本年度の「子ども司書講座」の第6回目の講座が行われました。
この講座は子ども読書活動推進計画の一環として、本や図書館に関心のある子どもたちに講座を学んでもらい、学校や地域で読書の輪を広げてもらうために開催されました。
本年度は3期生になります。

第6回講座はいよいよ最終回です。まずは、2学期の間に学校や公共図書館で自分たちで考えて行ってきた読書推進活動の発表を行いました。
発表は1人3分で、宿題として提出したレポートを元に、どんなことを行ったのかを受講生の仲間たちの前で発表しました。


レポートを前で投影してみんなにもわかりやすく説明できるようになっています。
レポートには写真を載せてもよいことになっており、ほかの小学校の様子を写真から知る事ができてお互いの発表を興味深く聞いていました。


一人ひとりが前に出て発表します。
がんばって書いたレポートなので、みんな発表にも力が入ります。


最後は、この発表を聞いていた館長から講評がありました。
どの受講生も素晴らしい取組をしたということ、またこれからも図書館の資料をたくさん使っていってほしいというお話がありました。

午後からは中央図書館で本の修理ボランティアをしている「ブックラボ」さんを講師に招き、和綴じのメモ帳の作成を行いました。


まずは説明を聞きます。みんなには難しそう? にみえたようです。



でもなんだか余裕でやっている受講生も!



今回は「康熙綴じ」という綴じ方を学びました。その名の通り、清朝の康熙帝がはじめたと言われているそうです。



通し方の順番があるので、その通りに通すのも難しいですが、みんなどんどんと形にしていきました。



ついに完成! 表紙の和紙もきれいなので、満足いくつくりになったようです。



和綴じ本の作成で全課程を修了となり、修了式を行いました。
最初に子ども読書のまち宣言の唱和。



半年間頑張った成果として、「子ども司書」認定証をもらいました。



一宮市子ども司書の第三期生が認定されました!
子ども読書のまちとして発展していく一宮にとって、とても重要な存在です。
受講生のみなさん、これからもそれぞれの地域で読書推進活動に取り組んでいきましょう!
約半年という長い期間、本当におつかれさまでした。

子ども司書講座は平成30年度も開催する予定です。
今後とも多くのご支援を賜りますようよろしくお願いします。

PAGE TOP